Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

奥穂高岳(3190m)@その2 

9月13日(月)

一睡もできませんでした
爆音というか轟音というか、約1名のいびきがこの世のものとは思えぬほどの凄さで、夜中じゅう打ちのめされっぱなしでした。
暴風+豪雨が窓を揺らしたり叩いてもいたのですが、そんなのかわいらしいもんです子供の寝息です。はぁ。。。

5時頃、一旦やんでいた風雨が強烈になり、7時出発予定を9時に変更、名物のソフトクリームを食べたり(Tさんごちでした♪)珈琲を飲んだり、ちょっとばかり観光気分を満喫してみました。

20100913奥穂高岳07
徳沢園朝食
小雨になったので9時前に出発。
初合羽のお三方、お山で雨も初体験。きっと合羽を着て歩く感覚や雨中を歩く感覚、脱ぎ着のタイミング、体調の変化を知るべしとお天道さんからの指令だと思うことにしましょう。
ワタクシ、相方と二人だといつもお天気が良いもので、雨の中を合羽上下を着て高山を歩くの初めてです。蒸しました。
小雨は横尾まで、屏風岩が見える頃にやみました。

20100913奥穂高岳08
横尾

20100913奥穂高岳09
横尾出発

20100913奥穂高岳10
屏風岩

涸沢

本谷橋を過ぎ涸沢へ、右に沢を見ながら、ついでにお花も見ながらガレ場をヒュッテまで。ちなみに涸沢なのにこの日はゴウゴウと流れておりました。
常念岳方面は青空が広がってきれいに見えます。

20100913奥穂高岳11
本谷橋

20100913奥穂高岳12
涸沢

20100913奥穂高岳13
涸沢カール(手前はヒュッテ)

20100913奥穂高岳14
常念岳

ヒュッテで昼ごはん、吹き下ろす風が冷たくて急いで食べて出発。

パノラマコースではなく涸沢小屋の前からのコースをとりました。眼下に雪渓と、その先に今回楽しみにしていたザイテングラードがみえます。

20100913奥穂高岳15
ザイテングラードと雪渓と人

20100913奥穂高岳16
ザイテングラード

途中から先頭を歩くことに。ということはザイテンも先頭です。はたして迷わず歩けるのでしょうか?
後者にあわせてペースは遅めにとり、ステップもいつも以上に刻んでみました。岩を手を使って登るのも初めての皆さんなので、右手はここをつかんで、左足はここにおいてと振り返り指示、必ず三点確保と指示。
前穂高岳も応援してくれています。

20100913奥穂高岳17
前穂高岳1~5峰

ときどき崩落の大きな音が聞こえ、その場所に気づき震え上がらせていただいたりしながらも、岩稜はやっぱり楽しいぞと久しぶりの感触にニヤニヤがおさえられませんでした。
お花も多く、シラタマノキやツガザクラを見つけてニンマリ。

前を行くグループはルート外れています。ザイテンまでのルートも、ザイテン中のルートも。落石しないでくださいね。願。

足だけの登りに戻ってまもなくすると穂高岳山荘着。目の前にデデーンと奥穂がかっちょよくそびえてて感動~
小屋は五人で一部屋。晩御飯後、すぐに寝てしまいました。ほほほ。

20100913奥穂高岳18
穂高岳山荘

20100913奥穂高岳19
夕飯

スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 登山  -  janre: スポーツ

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。