Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

谷川岳(1977m)~茂倉岳(1978m)縦走@その3 

7月22日(木)続き 

トマの耳-オキの耳-一ノ倉岳-茂倉岳

そんなこんなで遊びながら+もう少しもう少しと頑張って頑張って頑張ると山頂~♪トマの耳であります。少しガスっていますが、今の自分たちにはそのガスの冷たさがええ気持ちなんす。
ちなみに前々日徹夜、そして鼻風邪、12時間運転、前日2時間半睡眠という正に四重苦の相方、とーてーも寝むそうです。

20100722谷川岳19
谷川岳山頂-トマの耳
20100722谷川岳20
下界は晴れ

ロープウェイで登ってきた元気な方々で賑わっているトマの耳、寝不足の上、厳剛新道に厳しくやっつけられたワタクシたち、ぼ~っと突っ立つことしばし、はっと我に返りもう一つの山頂目指して出発せなあかんぞと下り始めました。
ふと、今日は全然下っていない、1mも下っていない、ということに気づきました。そんなことを考えていたらあっという間にオキの耳♪こちらの方が高いのですな。そして、人がとても少ないでする。ロープウェイ利用で元気でもオキの耳はパスしてここで引き返す、ということでしょうか?

20100722谷川岳21
オキの耳に向って

20100722谷川岳22
目指せオキの耳

20100722谷川岳23
谷川岳山頂-オキの耳

せっかくすいているオキの耳ですが、さらっと出発。
5分ほどで鳥居が現れました。「富士浅間神社奥の院」 とあります。鳥居をくぐり、下った先の大きな岩でやっとご飯であります。お腹すいて、ないです。珍しい。そして、水分ばかり欲します。珍しい。
ガスっていますが、冷気が素晴らしく気持ちよくて、うとうとっとしてしまいそうに気持ち良いです。
我らには珍しく30分も休憩してしまいました。

20100722谷川岳25
富士浅間神社奥の院の鳥居

20100722谷川岳26
休憩中

出発してすぐに赤いトタン屋根のかまぼこ型避難小屋が出現、そこが一ノ倉岳山頂でした。山頂と気付かせぬ山頂であります。
ここもガスっていますが、写真ほどガスってはおりません。
数え切れぬほどのトンボが飛んでいます。これ以後、稜線上にはずっとトンボが乱舞していました。

20100722谷川岳27
一ノ倉岳山頂+避難小屋(右の赤いの)

どこからかブィーーー~ンという音が聞こえてきだし、だんだん大きくなってきます。別のおぢさんが広くはない稜線両脇の草を刈っていました。どうりで途中のニッコウキスゲが無残に・・・。
お疲れさまです。

これ以降が思いがけない景色の連続ざました。
両脇にお花満開の稜線をるるる~と機嫌良く歩いていると唐突に茂倉岳山頂でした。さっきよりもっと山頂らしからぬ山頂でする。
おぢさんが一人、歯磨きしていました。この下の小屋泊だそうです。

20100722谷川岳28
ハクサンコザクラの群生

20100722谷川岳29
茂倉岳山頂



その4に続きます

スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 登山  -  janre: スポーツ

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。