Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

屋久島 三日目 -その4- 

9月5日(火)-その4-

宮之浦岳縦走・2日目 その4

そして噂の高塚小屋へ15:30到着。んっっっっっ確にもの凄いです。内部っっっっっも凄いですが、想像より大したことなくホッとしたのであります。窓の割れというよりヒビ具合も、トイレの汚れ具合も許容範囲。昨夜より少しおどろおどろしいだけですよかったじょ。

どうやら一番乗りのようなので、内部を掃除します。と言ってもホウキで掃くだけですが。続いてすっ転ぶ前にサクっと抜いた2人組のおじさんたち着。その後、ヨロヨロのザック登場。ん?遅いよね。どしたの? 聞けば2km程道迷いしたらしい。日本語表記のみの立て札の分岐で別方向に行ったらしいけど、気付いた君は偉いっすと慰めておきました。どうりで途中抜かれなかった筈です。

水場は縄文杉の下方にあるので、水くみがてら挨拶に行きました。いきなり「お、じいちゃん元気そうじゃん。いや、ばあちゃんかもしれんな…」と 7200才に無礼な口を利いてしまいましたが、“疲れ切った老木”の予想はハズレ、意外とまだまだ現役でやれそうです。台座で囲ってあるのが残念ですが、保護の観点からは仕方ないのでしょう。
この後も何度か水くみに行く度に見上げてみました。

20060905-21-縄文杉2

下方右側におじいさんの横顔に見える部分があるような。。。

今夜も2階に寝床をゲット。隣はまたまたザックです。下にはガイドさん付グループ4人組、おじさん2人組。今夜は以上かなと思っていると、下に男性1人、上に学生2人組、男性1人が追加され、2階も結構混んできました。2階は左から、男性1人、私、ザック、学生2人です。こんなに男性に囲まれて寝るなんて喜びの余り緊張します。

2階組はすぐにうち解け、1階の1人の男性(早大生)も加わり会話が弾みます。私の隣に寝る予定の男性のイントネーションが何県か気になっていると鹿児島だと。お~納得。学生2人は栃木の子で「なんか鹿児島の話し方って関西弁に似てますよね」ととんでもないことを言うので、やんわりと釘を刺しておきました。

ザックと外で晩ご飯を食べようと約束していたのですが、少し降り出してきたので寝床で食すことに。お互いのメニューを誉め合い食事終了。因みにザックは日本そば、私は棒ラーメン。似たり寄ったりでございます。

19:30就寝。早っ
上向きに体勢をとり、飛び上がりました お尻の痛さが尋常ではないのです。なのでうつ伏せて寝ることに。
あ~もうすぐ眠りに落ちるzzz と思われた頃、バンバン背中を叩かれました。ザックが「○○!外人!外人!スロバキアン!」とのたまってます。外人は君やろ…、っていうか外国人と言わなきゃあかんよ、と諭しつつ、どうやら1名2階に追加のようなので寝床を少し移動します。何時頃だったろうか。
因みに○○には私の名前が入ります。

(本日の高塚小屋:1F=ガイドさんのグループ,おじさん2人組,早大生,2F=栃木の大学生2人,鹿児島人,ザック,私,+スロバキアン)



9月6日(水)その1

宮之浦岳縦走・3日目 その1

ちょい遅めの5時起床。朝まで熟睡でした。ザックはまだ寝ています。その向こうのスロバキアンも寝ています。暗闇の山行、さぞ恐かったことでありましょう。
身支度を整え、朝食を済ませ小屋に戻ったところ、スロバキアンが流暢な日本語で「おはようございます!」と言うではないですか。よく見るまでもなく、思い切り日本人でした。
ザぁーーーーーック……………!!
まぁ、よい土産話ができたけどね

スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 登山・ハイキング  -  janre: 旅行

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。