Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

伯州山(1044.9m) 

今夏(もう秋という声も・・・)のお山はここからスタートです。やっと夏がやってきたぞ
(ここから2~3日おきにお山だ沢だと体力消耗予定でする)



8月16日(日)

今日はこまくさで伯州山、ここは2度目、以前は2年以上も前の雪深い冬であります。

登りは滝谷コースから。

20090816伯州山
滝谷コース登り始め
前半は晩夏(既に秋の雰囲気ムンムンですが・・・)に大山ご一緒予定のUさんを30分ほどサポート、初めてお話ししたUさんは健脚でする。

20090816伯州山3
風が通る涼しい登山道

途中、二ヶ所を渡渉。健常者は普通に渡れますが、障害者はストックを突くヶ所,足の置き方等々一苦労であります。
1人1人安全にゆっくりゆっくり時間をかけて渡りますが(その際は、数名サポートがつきます)皆さん楽しんでるのが伝わってきました。

20090816伯州山4
渡渉中

20090816伯州山5
今、正に、最中

避難小屋までは殆ど木陰で沢沿いを歩くため冷たい風がさわ~っと吹き渡り、気持ちいいぞ~と皆さん何度も口に出されていました。勿論ワタクシも。

稜線から山頂まではわずかな距離ですが、日射しが降り注ぎます。
ゆるりと山頂着。

20090816伯州山6
山頂(三角点も)

20090816伯州山7
泉山,三ヶ上,花知ヶ山方面

記念撮影後、30分ほど昼食をとったり写真撮影をしたりと思い思いに過ごし、山小屋まで下ります。
そこで休憩していたメンバーともう一度全員で記念撮影後、伯州山をあとにします。

20090816伯州山8
カメラマン

20090816伯州山9
避難小屋前に咲いていたヤマジノホトトギス

下山は少し大変です。
元谷コースを下りるのですが、前日から当日早朝にかけての雨でぬかるみズルズルで斜度がある場所は慎重を期しても滑ってしまいます。
ここもゆっくりゆっくり・・・と「ギャーッ!」と数メートル先を行く女性陣の雄叫びが!どうやらにょろったようです。
こんなに大勢で歩いていても出るのか・・・熊は避けるぞ・・・恐るべしにょろ。
まあ、今回はにょろより美女たちの雄叫びの方に驚いた次第であります。

20090816伯州山10


林道まで降りれば足下の余裕も生まれます。
久し振りにネジバナ見たなあ。

20090816伯州山11
林道

下山後、山岳の大先輩Yさん御夫婦と相方の山岳部の先輩T先生と写真撮影。
ありがとうございました。

ここからバスでいっぷく亭というお店まで移動。ここはUさんの同級生がいらっしゃるそうで、以前、思い出+偶然の出来事のお話をメーリングリストで送られていました。そのお陰か、お店の方が笹餅を全員にごちそうして下さいました。ありがたやありがたや。
ビールをグビりながらヤマメを頬張るUさんの「美味しいよ~♪」の一言と笑顔がいけてました。本当に美味しそうで嬉しそう。

という訳で、夏の伯州山も良いです。今度は春、イワウチワの時期に来てみたいなあ。
皆様、お疲れ様でした。いっぷく亭の皆様、ごちそうさまでした。

(参加者計31人-内視覚障害者13人)



本日はザックが初のこまくさ仕様(9mmロープ装着)、Uさんのご意見を参考に途中から伸ばしてみました。障害者の方によって好みが異なるようなので、その都度加減してみればよいのかな。

20090816伯州山2
こまくさ仕様に変身中のmyザック



伯州山(ハクシュウザン) / 岡山県・鳥取県県境
  ・標高1044.9m
  ・三等三角点

コースタイム
滝谷コース登山口10:30-12:10山小屋12:17-12:25山頂13:00-13:05山小屋13:15-本谷コース下山-滝谷コース登山口14:29

地図 / 日本国土地理院1:25,000 -

スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 登山・ハイキング  -  janre: 旅行

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。