Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

毛無山(1218m)・白馬山(1060m)・金ヶ谷山(1164m)縦走 

10月28日(土)

前夜、何げにつけたでやってた「デス・ノート」を見てしまったデス。。。
しかも続くときたもんだ。。。

さて、今回もメンバーは7月の 雄山・雌山縦走 以来の4人(Tさん,Sさん,友M,えろぞー)であります。

久々に人と一緒の登山(別に今まで猫や犬や羊と登っていた訳ではありませんけど)しかも縦走。
最近はジムも休みがち+自転車にも乗っていない+直近で龍ノ口へ行ったのみ=体力がもつかは怪しい。。。
ですが来週、単独蒜山三座縦走を予定してみたので練習になるようがんばるです(こっちの方は行けるかどうかまだ未定ですが…)。

岡山を7:30というとぼけた時間に出発してしまったため、田浪登山口出発が11時になってしまいました。
新見のTさんをお待たせしましたが無事合流後、登頂開始であります。

登る前にザックがなのでスズメバチ対策にカバーを掛けようとしたところ、Tさんに「ザックに行ってくれるから身体は安心じゃよ」と他人事のように諭され、ブラックザックで行くことに。捨て石気分を味わいつつ、ボランティア精神で皆の犠牲になって差し上げることにしてみたのであります。正にやけっぱちです。

序盤はスローペースで少し休憩も多めにとりながら、Tさんが先月登られた台湾の山話などを拝聴しながら登りました。
Tさんの話では毛無山はその昔23億だか27億円だかで岡山県が岐阜の一般人の方から購入した山だそう。ほ~。。。
その岐阜の方はその時代にそのような大金をどのように運用されたのでありましょうか。気になるところです。

九合目の新築の小屋を見学後、毛無山山頂手前では蒜山三座がはっきりと見え、来週に向けてちょっとやる気を出してみました。3分で萎えましたけど。。。
ここまでの紅葉はイマイチです。

そしてあっさり山頂
さすがメジャーな毛無山頂上、人人人の嵐です。。。(だいぶ大袈裟でしょうか)
360度全ての山々も、期待していた大山も雄大な姿を見せてくれました。
絶景に疲れも吹っ飛びます。

20061028毛無山→大山-縦

山頂をグルリと見回し、のほほん父さんファミリーらしきパーティにロック・オン、生暖かい目でそっと見てみる。
たぶん殺気を感じたことでありましょう。
(因みに「生暖かく」とはのほほん父さんの希望であります。私はそのように非情ですではありませぬ)

ゴールデンレトリバー風な黒いでっかい犬も居ました。
おとなしく人懐こくすり寄ってきます。か、かわええ~

腹が減っては戦がという訳で、後ろ髪を引かれる思いで山頂を後にし、カタクリの群生地から少し下った場所で昼食であります。
メルヘンの里のおばちゃんに握っていただいたのり無しオニギリ2ヶ半では全然足りませんでしたが美味しくいただきました。
ゆるりとコーヒータイム後、白馬山へ出発。
あっという間に山頂に着いてしまいました。
見晴らしは×です。
あっさり通過してしまい、なんだか蔑ろにしている気がして申し訳なく思ってしまいました。

人と登るとつい読図を怠りがちで、配給された地図をヘンゼルとグレーテルよろしく何度もポッケから落としてしまい、その度にTさんに拾っていただく始末で、さっぱり自覚がなっていません。

20061028土用ダム

白馬山と金ヶ谷山の間の俣野越からが急登で、斜度が45度はあるよね~と大袈裟に宣いながら歩を進めます。

この辺りから友Mは少し辛そうで、息づかいも苦しそうです。
「金ヶ谷山への分岐で待っている」というのをTさんがうまく宥め賺しその気にさせ、結局彼女とSさんはザックをここへ置いてカラ身で登ることに。
15分程で山頂!よしよしがんばったねv
二等三角点ですが、見える範囲はそれより狭いです。

記念撮影後、時間も時間なので駆け足気味で下り、あっという間に林道に飛び出ました(時間が許せば朝鍋まで行きたかった~)。
ここからは捻挫に気を付け、少しのんびりムードで歩き、山の駅へ到着。
その後、久世温泉で汗を流し、帰岡した次第であります。
久々の縦走、楽しかったです。
皆様、お疲れさまでした。

------------------------------------------------

今回は下りでストックを使わないつもりが、あっさりギブして使用してしまいました。

来る途中、ナビが示した狭くうねった山道で車酔いしてしまい、歩行中水分も行動食も殆どとれませんでした。ナビのバカ~。
そのせいかどうか、登っていても下っていても眠くて眠くてしようがなかったです。なんでだろう。

負荷もあまりかけられず、自分に甘い山歩きになってしまったという反省と、たまには酔いという気持ちと半々。まだまだ甘いのでございます。

------------------------------------------------

毛無山(ケナシヤマ・ケナシガセン)/ 岡山県新庄村・鳥取県
  ・標高1218m
  ・三等三角点

白馬山(シロウマヤマ)/ 岡山県新庄村・鳥取県
  ・標高1060m
  ・-

金ヶ谷山(カネガタニヤマ)/ 岡山県新庄村・鳥取県
  ・標高1164m
  ・二等三角点

●コースタイム
田浪登山口11:00 → 六合目11:30 → 九合目小屋12:09 → 12:15山頂12:25 → 12:55昼食(カタクリ群生地より少し下った場所)13:40 → 白馬山山頂13:50 → 金ヶ谷・山の駅分岐15:30 → 15:45金ヶ谷山山頂15:55 → 分岐16:05 → 林道16:35 → 山の駅17:10

●お茶500ml+ポカリ薄めたもの750ml(飲んだのは500ml…少ない…)

●交通費 / -(久世温泉代300円)

●地図 / 日本国土地理院1:25000美作新庄

スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 登山  -  janre: スポーツ

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。