Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

剱岳 その5 (了) 

10月4日(土)

熟睡v やった~。
前夜、相方が知恵を出し、更にワタクシからの『知恵を出すならシュラフ出せ』ビ~ムを受け、無言のままこれをお使い下さいませと言わんばかりにぬくぬくもこもこシュラフを差し出し、完璧なまでの防寒対策ができたお陰でする。さんきゅ~。
因みに相方は相方でワタクシの夏用ウスウスせんべいシュラフで気持ちよさそうに寝ていたのであります縮こまって。うほっ。

20081004剱岳35
おはよう剱岳~
本日は前日よりハード、大日縦走後称名滝へ下りるという計画でありました。8~10時間コース。
しかし前日、相方より「足の痛みが・・・」と告られてしまったのです。次回大日縦走と薬師に登ろうと言いくるめられて言われ了解、本日は室堂までラクチン歩きとなったのであります。

室堂までと分かってれば朝は遅起きであります。
さら~と鮭茶漬けとパワーバーで軽く朝食後、我が家をたたんで剱岳にお別れ。寂しいぞよ。

寂しさを霜柱を踏みまくるという行為でまぎらせながらの歩行。
20分程登った地点で秋のチングルマに囲まれ休憩。剱岳もこれまでとは違った高さでばっちり見えます。ええお天気ですが、黒い雲も近寄っているようです。流れも速いし。

20081004剱岳36
日向ぼっこ中

20081004剱岳37
また来るで、と相方

20081004剱岳38
また来るぜ、とワタクシ

日向ぼっこで20分ほどほけ~っとした後、登ります。

20081004剱岳39
ええお天気ぢゃ

15分ほど歩くと剱御前小舎着。
相方の後輩で小屋の支配人の心平さまにご挨拶し、談話室でしばし歓談(途中からは奥様もご一緒)。鉄砲,熊,マタギ,芦峅寺,今夏の遭難,と話は多岐にわたりました。芦峅寺での生活はなかなか興味深く、もっと深く聞いてみたいなあ。冬は暇にしてるので是非是非遊びに来てと言われ、その気になった相方とワタクシなのでした。
珈琲とクッキーごちそう様でした

会話も一段落したので小屋からすぐの剱御前まで登ってみました。空身で。
気持ちよく、見晴らしもよく、大展望であります。もちろん剱岳も、白馬岳も、そして槍ヶ岳までも臨めました。
パノラマを堪能して名残惜しいけど下ります。

20081004剱岳40
剱御前山頂

20081004剱岳41
剱御前からの剱岳

その下りでライチョウさんを踏んづけそうになり急ブレーキで停止。
ハイマツに覆われた登山道で休憩中のよう。しばし見入ったり尾行すると、もう1羽出現。そのライチョウさんの姿から、最初に見たのは少し小振りだったし幼そうなので子供なのかも。
それにしても至近距離で会えて嬉しかったなあ。

    ライチョウはコチラ

小屋に戻り、心平さまがわざわざ外してくれた小屋の看板と一緒に記念撮影。しばらく立ち話などして下山することに。

心平さま曰く、「明日午後から天気が崩れるので紅葉は今日が一番いいかもですね」と。
本当は今日は早起きして大日岳へ下る予定だったけど相方の足の具合で泣く泣く・・・と告ると「10分程しか変わらないから新室堂乗越から下ると紅葉も楽しめるし足にもいいかもですよ」と教えて下さいました。

そう言えばこの天気の話をしている途中、若い男性が「えっ?明日雨なんですか?」と。
う~む。ここにも心配な方が約1名。心平さまも苦笑いでありました。

と言うわけで心平さまにご挨拶後、下り始めました・・・・・5分程勢いよく下った後、心平さま提案コースの話をしたら、そうしよかと相方。となると再度小屋まで登り返しです。結構しんどいやんか・・・。
で、再スタート。

20081004剱岳43
紅葉と熊

20081004剱岳44
紅葉

なかなかステキな景色で美しい紅葉です。ゆっくりいろいろな角度から立山の秋を満喫しつつ、気付けば雷鳥沢CS。
ウィダーで軽くご飯後、ここよりもの凄い数の観光客の皆様の間を登り抜け、室堂に着いた頃にはヘロヘロでした。恐るべし韓国おばさんのパワーであります(お願いですから真っピンクに真っ赤なコーディネートは許して下さい・・・)。

バスにはすぐに乗れましたが、美女平でのケーブルカーの乗り継ぎに30分かかって乗車。満員電車並のケーブルカーを初体験し、無事立山駅着。

    バスからの紅葉

お腹がすいたので駅を出てすぐの茶店?でおにぎりを頬張りました。握りたてで美味しかった。因みにこの時点で15時前・・・。おやつですな。

20081004剱岳46
おにぎり

そして、久々に温泉で汗を流しさっぱりして帰路に着い・・・・・着く筈が、なぜか誰かの陰謀でCoCo壱富山山室店というところでカレーを食しました。普通地元料理食すやろ・・・。

カレー後、こんどこそ帰路に着いたのであります。

2度目の立山もお天気良く、いつも立山には優しくしてもらってるなあと感謝。
次は今回より少しはマシな登り方(下り方)が出来るといいなあ剱岳。



memo
 秋に初めての高所登山、物質的に自分に何が必要か判り良かった。
 剱岳、壁を登っている人は見かけなかった。残念。
 剱岳へは途中水場無し



今回の山食
10/2
朝-コンビニおにぎり1ヶ,菓子パン1ヶ  昼-コンビニおにぎり1ヶ,甘納豆  夜-白飯,カレースープ,珈琲
10/3
朝-ドライカレー,珈琲  昼-ウィダー1ヶ,パワーバー2ヶ,甘納豆  夜-トムヤンクン,五目ご飯,蟹玉スープ
10/4
朝-鮭茶漬け,珈琲,パワーバー2ヶ,甘納豆  おやつ-珈琲,クッキー(ごちでした)

今回、梅干し,サラミ等々持参し忘れ。



剱岳(ツルギダケ) / 富山県中新川郡上市町
   標高2999m
   三等三角点
   飛騨山脈,立山連峰,日本百名山,

剱御前(ツルギゴゼン) / 富山県中新川郡上市町
   標高2776.6m

コースタイム
1日目 10/1(水)
自宅18:30=山陽IC=立山IC=25:00立山駅P(泊)

2日目 10/2(木) 歩行計2時間28分
立山駅9:10=(ケーブルカー)美女平=(バス)=室堂10:20
室堂10:33-10:07雷鳥沢10:23-11:53昼食12:26-13:20剱御前小舎13:40-14:10剱沢CS(泊)

3日目 10/3(金) 歩行計5時間48分(登り3時間09分,下り2時間39分)
剱沢CS8:05-8:24剣山荘8:30-9:07一服剱(2618 m)9:10-9:25武蔵谷のコル(仕事tel)10:00- 前剱(2813m)  -10:20(仕事tel)10:37-平蔵のコル-橋10:44-カニのタテバイ11:45-12:15剱岳山頂(2999m)13:00-13:52前剱頂上14:27-15:08武蔵谷のコル15:18-一服剱15:25-15:50剣山荘16:08-16:32剱沢CS(泊)

4日目 10/4(土) 歩行計3時間09分
 剱沢CS8:16-8:40日向ぼっこ9:06-9:23剱御前小舎9:50-9:07剱御前山頂(2776.6m)9:12-9:17剱御前小舎10:35-(一旦下ったのを登り直し)改めて小舎10:45-新室堂乗越11:46-12:14雷鳥沢12:25-室堂13:10
室堂=(バス)=美女平=(ケーブルカー)=立山駅
立山駅P=温泉(吉峰)=CoCo壱富山山室店=富山IC=山陽IC=自宅24:25

行動食 / ウィダー1ヶ半,薄めたアクエリ500ml,水100ml,飴,ブドウ糖

交通費 / 高速代,ガソリン代,立山ケーブルカー+高原バス代(立山駅←往復→室堂)4720円(1人分)

地図 / 国土地理院25,000分の1剱岳,立山

スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 登山・ハイキング  -  janre: 旅行

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。