Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

剱岳 その1 

やっとこさ完成~up~。早1ヶ月半も前なのですなあ。そしてお正月はすぐそこに・・・。



数年前に剱岳・点の記を読んでから親しみを持っていた剱岳、初めて北アルプスに登った昨年、奥大日岳への途中から見た姿に圧倒された剱岳、いつかあそこに登れるかな?と思っていたら、今秋実現してしまったのであります♪というよりさせたのだけれど。うほっ♪
という訳で、秋の匂いがする剱岳へ登ってきました♪

今回の写真、殆ど剱岳しか撮ってなかった模様であります。飽きたらゆるちて

20081002剱岳
つーるーぎーだーけ~



10月1日(水)

山陽IC18時半~立山IC24:30
途中のコンビニで朝食・昼食を購入し、立山駅駐車場へ。
この広い駐車場は「立山ったらなんて太っ腹なの♪ステキすぎ♪」な無料です。
今夜は結構・・・いえ、かなり空いてます。
早速荷台で就寝。


10月2日(木)

朝、ゆっくりと用意をして立山駅9:10室堂行のケーブルカー+バスチケットをゲットし出発。
臨時便だったので、観光客も多いのでしょう、紅葉シーズンですしね。

20081002剱岳03
出発を待つ荷物

室堂の水場でのどを潤し、1年振りの雷鳥沢へ下ります。

20081002剱岳02
出発~(青いのは行商人ではありませぬよ)

20081002剱岳04
雲海

20081002剱岳05
紅葉・・・微妙~

20081002剱岳06
ちんぐるまピンク

昨夏の我家の敷地は空いていました。というより、テント3張しかなかった。

数分休憩。
ここから剱御前小舎までの道程は息もあがらず、昨夏恐々だった辺りの登山道は広く感じられ、あっという間に着いてしまったのであります。

20081002剱岳07
この道は気持ちよい~

御前小舎の前の岩に座り込むと陽気でうつらうつらしてしまい、お昼寝したい衝動を抑えキャンプサイト(CS)へ向かいました。

20081002剱岳08
御前小舎からの剱岳

ここからは未知の道(ダジャレぢゃないっす)、せっかく稼いだ高度をぐーんと下げたらそこは剱沢CS。
選び放題の敷地からお気に入りを見つけ設営。なかなか快適そう♪
今のところテントは10張もなく、テン場は閑散としています。

20081002剱岳09
今回の我が家 ええ眺めぢゃ~

剱澤野営管理所に料金を納めに行くも、既に今シーズンは閉めたようで・・・ ラッキー♪

テン場の黒ホースから流れて出ている水場、この水がおいしい♪どこぞの山小屋とは大違いですなあ。タダだし。
トイレがちょっと遠いので、夜中に行く場合一苦労しそうであります。お早めの出発をオススメいたします。

剱岳の姿が目の前にデーンと聳え、夕陽に染まって美しいことこの上ないです。
相方の青春の場、源治郎尾根Ⅰ峰側壁がツルツルに見えてひょえ~っ。あんなとこ登ろうと思わんやろ普通・・・。
しばし眺めていると、本日の自分のナイスな発言の数々を思い出して、ちょっとビビリが入ったワタクシなのであります。

本日投げかけた言葉の数々
 歩きながら放屁した相方に向かって「あ、ちんぐるまが枯れた」
 テント内で靴下脱いだ相方に向かって「足のにほい・・・窒息するわ、臭すぎやろ・・・」
 腕を「前足」

本日投げ返された恐ろしい一言
 「明日剱でどうなってもええんやな。ふ~ん、心にメモしたで
・・・・・・・・ワタクシが間違ってました、お許し下さい

カレースープと珈琲で温まって、シュラフの中を万全にし、よし、寝るぞ~。
明日もお天気よさそうです。

(夜中9時頃、ぴ~ひゃらら~でトイレに行く羽目に・・・寒くて凍るかと思ったです・・・1人だと恐いっす)

スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 登山  -  janre: スポーツ

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。