Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

夏の山行第一弾 北岳(その1) 

タイトルの「第一弾」、第二弾があると期待を込めてつけてみましたなのでヨロピク



しんどかったけど久し振りのお山は南アルプス、しかも日本第2高峰の北岳と思っただけで頑張れたです。お花たちも咲きに咲き乱れ空中庭園を思い切り満喫、、お天気にも恵まれ、正に登山日和でした。日頃の行いが良いからなぁワタクシの
しか~し、帰ってから3日間、身体が思うように動かなかったっす。雪め~



7月18日(金)

夕方4時出発。白根ICを24:03通過して芦安第三Pまで。既にほぼ一杯でした。
ここで仮眠。涼しくて気持ちよかったです。が、寝不足でする。



7月19日(土)

芦安第三P(第三というところがミソです。ここが一番バス停に近いのです)停留所始発5:10に乗るべく皆様長蛇の列。ワタクシたちは、乗れなかったら次でもいいかなあ位の気持ちでしたが、ギリギリ乗れてしまいました。立ちっぱなしでしたが・・・。
1時間強、山道を揺られ揺られて広河原着。揺られすぎて飲んでもないのに酔いそうだったです

20080719北岳
登山口ゲート
皆さん大急ぎで登山口に向かわれています。
アルペンプラザ(休憩所のような所、自販機有)で登山届を記入、トイレ待ちに時間もかかり、入念に体操後、のんびり出発。
今日はザックが軽く感じられるなあ~調子いいかなあ~るる~んとご機嫌なワタクシ。登山口ゲートを過ぎ、橋を渡り、広河原山荘で準備中と思われるもの凄い数の人をやり過ごし本格的な登りに入ります。これが、結構、きつい・・・。
15分登った頃、師匠が水をゲットすべく森に入って行きました。ここぞとばかりに休憩に専念してしまう誰かさん。3L調達して戻ってきたので 渋々 再出発。

   遠くに北岳

大樺沢ではなく、白根御池小屋を経由する急登で長い道程の方を選択して行きました。こちらのコースはあまり人がいなく、その点では歩きやすかった、けどですね、やはりしんどかった~。なるべく止まらないようゆっくりでも歩を進めました。
で、めでたく白根御池着。ここで鳳凰三山を愛でながら15分程休憩。この小屋のトイレ、すんばらしくきれいで感動しました。ミヤマハナシノブとも初対面♪

20080719北岳3
白根御池小屋

20080719北岳4
鳳凰三山方面。たぶん中央が観音岳,左奥が地蔵ヶ岳,左手前が高嶺・・・・・かと

ここから草すべりであります。ここは急登、今までと足首の角度が変わるのが分かるほどの急登であります。しんどいのだけど、緑とお花たちそして鳳凰三山が気合いを入れてくれまする。時々お猿もひょっこり現れ、驚かせてくれます。
そうそう、途中で小さくかわいい鳥さん(スズメ大で茶と黒)が間近に止まり、しばし見入ったです。本当にかわええ~けど名前分からないなあ。

20080719北岳5
草すべり中間辺り(写真で見るより斜度があるのでする~)

途中二度休憩を挟み1時間半ちょっと頑張ると一面黄色なお花畑(肉眼だともっと真っ黄色だったです)が迎えてくれました
右俣コースとの合流地点なためここから人が増えまする。
人に気を遣いながら小太郎尾根分岐着。ここで大休止。と、遠くに富士山があああ~♪見えました。お山から見るのは初めてであります。また、ここまでも、ここからもずっと お花畑状態 でした。

20080719北岳7
雲に乗ってるような富士山

他にも、目の前にどっしりと仙丈ヶ岳,とんがった甲斐駒がデデーンと聳えております。昼ご飯を食べながらホケーっと眺めました。
本日の寝場所、北岳山荘のテン場予定をすぐ先に見える肩の小屋のテン場に変更することになりました。この時間だと山荘のテン場は一杯だろうということで。

20080719北岳8
仙丈ヶ岳

20080719北岳9
小太郎山(手前)と甲斐駒ヶ岳

20080719北岳10
そして、北岳

5分ほどで肩の小屋手前のテン場着。我が家を立てるべく敷地探し。小屋までは少し距離がありますが、平らな場所をゲットし早速 我が家マジックマウンテン を立てました。なかなか快適。が、トイレが遠いのですよ。小屋までの登りに何度ゲロりそうになったことでしょう。

肩の小屋で場所代(確か1人600円)を払い、小屋の南側に残る雪渓に水を求めて下りてみました。そこでイワヒバリに遭遇。
暑いのか狂ったように羽をばちゃばちゃと少し溶けかけた雪で激しく水浴びしていました。かわいい・・・のか?雪渓の先、鳳凰三山側にはお花畑が広がっていました。

20080719北岳14
お花畑

20080719北岳11
小屋脇の雪渓と写真ど真ん中にイワヒバリ  イワヒバリのアップ

夕飯は16:00頃、ホコリが舞いに舞っている小屋でカレーライスを猛ダッシュで食しました。

標高3000m地点です。一気に登ったからか頭痛い(というか朝女の子になったから体調ボロボロですわ)・・・と、相方もちょっと頭痛がと。お~!あなた様でもそのようなことがおありになるのですねぇ。
意見が合ったので17:00就寝~zzzzz。

夜中、テントが飛ばされちゃうかと思うほどの暴風でした。ゴオオオオッッッッッという音にもやがて慣れ、すやすやと睡眠しちゃったのですが。おほほ。

そうだ!水場は無いと思った方がよいです。小屋から100mほど下った所にあるにはあるようですが、500mlのペットボトル持って下っていったおぢさん、当分帰ってこられず、2人して「きっと汲んだ水は登りで飲んでしまうやろな」と心配してました。
が、小屋の1L100円のお水は超マズイです。。。購入者、殆どの方が飲みながら「まっずーっ」と言って捨てていました。鼻つまんで飲んでもダメだったらしく・・・。

スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 登山  -  janre: スポーツ

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。