Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

段ヶ峰縦走 

登ってからupまでこんなに間が開いてしまったでする。
反省。



     GPSで記録した行程
     高低差



6月14日(土)

今回は和気ICから高速で兵庫県の段ヶ峰に登ってきました。岡山から案外近かったです。
生野荘跡地の駐車場には既に1台止まっていました。

今日も暑くなりそうだと登山口P標高570mから出発であります。で、いきなり「クマ注意」の看板が。以前相方が登った時にもクマの香りがしたそうでする。う~む、やはりクマはクマの事がよく分かるのじゃな。

20080614段ヶ峰登山口

いきなり急登から始まります。実は本日、ワタクシのザックにはいつになく約8Lの負荷がかかっております。これがこの急登ではかなりききましたです。

達磨ヶ峰の肩に着いた時はへばってました。そして、「段ヶ峰山頂145分」のイケズな立て札を見て再起不能状態に。。。せめて二桁になってから表示して下さい。

20080614段ヶ峰達磨ヶ峰肩
イケずな立て札

ここから先は晴れてるけど風がそよぐ気持ち良い歩きとなりました。

20080614段ヶ峰3
気持ちよい~♪

達磨ヶ峰を経て、途中初対面の生まれたてのギンリョウソウの皆さんに遭遇し、最低コルを経由し、森を満喫し、山頂少し(3分位)手前に三角点発見。
気付いたらフトウガ峰着。

     フトウガ峰の三角点(巨岩付近にあります)

20080614フトウガ山頂
フトウガ峰山頂♪

     フトウガ峰山頂周辺

広々としたここは山頂という雰囲気ではなく、草原というか広っぱと言ってもよさそうでする。風の涼しさもあって清々しい気持ちになりました。
10分程堪能後、出発。

花咲く樹木を愛でながら、にょろにも遭遇しながら、これまた山頂手前の三角点にタッチ後、段ヶ峰山頂着。先客2名様有り。フトウガ峰山頂に比べたらかなり狭いですが、見晴らしはグゥ~♪

     段ヶ峰三角点

20080614段ヶ峰山頂
段ヶ峰山頂♪何故か標高が違いまする…?

景色もそこそこに腹ごしらえです。ここで水を使うのでザックが軽くなる~♪ウキ、ウキ♪
いざ、カップメーン♪
と、お湯を沸かす段になって、「あっ!」と相方。
なになに、どしたの?えっ?何言ってるのか分からない分かりたくない~。
分かりたく無かったのですが、ガスを忘れたと告られました。
というわけで、素晴らしい景色をまとっての昼食は泣く泣くお預けとなったのであります。涙

     哀愁のザックたち・・・

ショックを引きずりながら下山開始であります。
20080614さよなら段ヶ峰
さよなら段ヶ峰~

振り返ると面白い雰囲気のお山の一面が見えました。盆栽みたいで、足立美術館をちょっと思い出してしまったです。

20080614盆栽か
盆栽段ヶ峰

ギクッと捻挫もどきになりながらも30分足らずで下山口着。

     千町峠(下山口)

あっという間に下りてしまったので物足りないわ~と発しながら水場で一息つき、駐車場へ向かいます。

20080614水場
立派な水場においしい水

これが奥様、物足りないと言った自分を呪いたくなるほどの道程でありました。殆どコンクリートを歩き、なんと結構な登りまであるのです。この道沿いはお花が楽しめますが、時々にょろも楽しめてしまいます。

20080614コンクリ道
足の裏を丸くする道

そろそろ到着か?と思われた矢先に現れた立て札の「あと2.2km」!に脳天直撃されてしまったです。

     イケずやわ~

と言うわけで下山口から2時間強、へろへろモードで駐車場着。

かな~りお疲れ様でした。コンクリート歩きは足の裏にこたえます。ドラえもんの足になってたです。



登山後は生野銀山の入口まで行って雰囲気を味わいました。

     生野銀山入口
     生野銀山ゲート

相方お気に入りの伊和神社を参拝し、お腹がすいてるせいか道の駅播磨いちのみやでお土産を買いまくってしまったです。

     伊和神社参道
     無駄にデカい看板



サングラスが見当たらないので車を止めてもらって確認するも見付からず。登山口まで引き返してもらうも落ちておらず。
ゆつくり思い返して見てもサングラスのことだけ思い出せず、もう一度ザックを確認していると、相方が「ここに…」と。
後部座席で存在感をアピールしていたらしく。
車に乗り込む前、無意識にボトルと一緒に渡したワタクシ、それを無意識に受け取って無意識に置いた相方・・・・・。この後、バトルが繰り広げられることと相成ったのでありまする。くわばら。



段ヶ峰(ダンガミネ)/ 兵庫県朝来市生野町
   標高1103m
   二等三角点
   雪彦峰山県立自然公園

フトウガ峰
   標高1083m
   四等三角点

達磨ヶ峰(ダルマガミネ)
   標高912m
   三等三角点

コースタイム
生野高原登山口(旧生野荘跡)8:35-達磨ヶ峰の肩9:10-9:26達磨ヶ峰 9:36-最低コル10:18-四等三角点 10:50-10:55フトウガ峰山頂11:08-二等三角点11:40-11:42段ヶ峰山頂11:55-千町峠(段ヶ峰登山口)12:15-~~林道~~-倉谷出合13:00-~~林道~~-栃原集落分岐13:56-~~林道~~-生野高原登山口(旧生野荘跡)14:27
(途中休憩含む)

行動食 / ウィダー1ヶ,飴2ヶ,薄めたアクエリ300ml,氷水1L

交通費 / 高速代(行:和気IC-生野IC,復:播磨新宮IC-山陽IC)

地図 / 日本国土地理院1:25,000神子畑(姫路)

スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 登山  -  janre: スポーツ

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。