Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

白馬岳(2932.2m)主稜 -その2 

5月3日(土)

猿倉→白馬尻-テント泊(3名),フナちゃん+キクりんは猿倉荘泊

夜間走ったにもかかわらず、高速は混んで予定より遅く猿倉着。GW侮る無かれです。運転手の皆様お疲れ様でした。

20080503猿倉P
猿倉駐車場。中央が白馬岳。

身支度後、9ヶ月振りの高山に向かって歩き出します。
Pから白馬尻まで、これがワタクシ、今回の山行で一番しんどかったのです。途中で帰ろうと何度も思った程、身体は重くザックも重く感じ、皆さんより少々遅れ気味で目的地に着いた時点で眠りにつきそうなほどの疲労感でありました。
約1名ヘロヘロで白馬尻到着。
本日はここでお泊まりです。
雪を均し我が家(ダンロップの4人版に3人で使用という贅沢さ)を組立てた後、雪上訓練をしてくれました。この訓練は自分なりにセーブしてしまったです。なぜなら、明日大雪渓を登るならば、少しでも体力を残しておかねばマズイと思ってしまったからでする。相方のジト目が冷たかったでするが。ほほ。

20080503テント
明日は右側のギザギザな方を登りまする

訓練終了後、フナちゃんとキクりんは山小屋まで戻って行きました。タフなお二人ぢゃ。

我らはボーっとお昼寝なんぞし、お2人の山岳部時代のアホ話を聞きながら、16:30から晩ご飯の準備にかかり、18時過ぎには3人とも熟睡でありました。早すぎるやろ・・・。

そうそう、お昼寝前に「明日はどこから二手に分かれるんすか?」と確認したところ、「おっ?全員主稜行くんやで。あれ?言ってなかった?」と目が飛び出るお返事をいただきました
「聞いてないわい!」い、いつの間にそんな悪魔な決定が為されたのか?い、いけずにも程があるやろ。4人はともかく、ワタクシが主稜なんぞ登れるのか?と食い下がったところ、「大丈夫大丈夫、この天気だと大雪渓だって同じやで」と、何ともノーテンキな回答。き、君ら、最後まで責任もつんやろな、ほんまに頼むで、置き去りにせんといてな。
という身も凍る会話が為されていたのでありました

スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 登山  -  janre: スポーツ

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。