FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

東赤石山(1706.6m)-●完成版● 

最近はお仕事にやっつけられっぱなしでお疲れモードです。
ストレス発散せねば~と、先週の日曜日、久々にお山に出勤しました。四国の1700mもある東赤石山です。3週も間が空いたくせにいきなりレベル高いっすワタクシったら。

四国は昨年の剣山・ジロウギュウ(次郎笈)以来です。楽しみじゃ~と誘われたときからワクワクしていました。
が、ゴールデンウィークにやらかした両足首の捻挫が完治してない、だから運動すらしてないので泣く泣く欠勤しようとも思ったのですが、Yeti師匠に力づけられ行くだけ行ってみることに。



5月27日(日)

4:45Yetiさんにお迎えに来ていただいた後、Nさんと合流して5時出発です。

本日の同行者はYetiさんとNさん。Nさんとは初対面でちょっち緊張しましたが、お話すると優しいのでホッ。

20070527白い花

すいません。続きは後日書きまする。。。(^-^;)
取り敢えず冒頭だけ書いてみたかったのです。


高速下りたらコンビニに寄って昼のお弁当を調達する予定が・・・ない。コンビニが見当たらないのでする。これでは昼飯抜きじゃん・・・と思われた正にその時であります。ポツネンとお店登場!パンしか無いらしいので一応2ヶゲット。


登ル

ここより数分で筏津登山口着。610m地点。うーむ・・・1100mも登るのですな。
いつも以上に準備運動を念入りに念入りに。心配された足首は今のところ痛み無し。何とか行けそうかも~♪

20070527筏津登山口
筏津登山口

本日入山させていただく東赤石山は岩場なお山で、花の百名山,高山植物の宝庫,法皇山脈の最高峰だそう。オトメシャジンを是非見てみたいのだけど、時期的に早いみたいでお預けとなりそうです。

お天道様ギラギラの中出発です。
当分日蔭歩き。最後尾に陣取ってゆっくりゆっくり・・・の筈が、前のお二人高速です。休憩も少な目。序盤は土の上を歩けるので足首は楽~。
一人渡ってまた一人な腐りかけ?のハシゴを渡るのにビビってみたり(これでもかという程登場します)、お花を愛でたり(自分はまだまだ名前はイマイチ君です)、しかし黙々黙々と登って行きます。
だんだん暑さで頭がポーっとしてきた頃、沢音が!耳で涼をとりながらの歩行になるので気持ちは楽ちん。けど、心臓はバクバク

20070527新緑


大小の岩上を歩きだしてから右足首に痛みが出てきてしまいました。途中休憩でこれでもかと靴紐をきつめに結んだつもりなのに徐々に緩んできてしまった(きつく結べてないってことね・・・(-_-;))。

何度かの休憩は沢で。お水が透明で、場所によっては水があると感じさせないくらいです。「きれいや~♪」と感動に打ち震えていると、御大曰く、底の石の色の違いで透明度が上がって見えるとのこと。なるほど、確かにここは白い石やきらきら光る石(石英というのだったかしらん)が多いです。

20070527沢
沢~♪

という訳で水音に癒されながら一人遅れ気味で赤石山荘着。ここには水場があります。初夏には花が咲き乱れる地帯のようですが、本日は草草草。
これから向かう山頂…ではなく八巻山がよく見えます。写真でよくみかけるアルプスみたいな感じ♪
東赤石山は人気のあるお山だと感じさせる登山者の数だなと思ってたら、御大曰く、今日は少な目だと。これでも少ないのか~。恐るべし東赤石山。
と、目を凝らすとロープを使って登ってる方を発見!ビビリながら「あの・・・ワタクシたちはああやって登るんじゃないっすよね?ね?」と確認してしまったです。

20070527赤石山荘から見た山頂
赤石山荘から八巻山山頂を臨んでビビる

この先山頂までは足下の覚束ない急峻な岩場歩きとなるので、バカ力なYetiさんにお願いして靴紐をきつめに結んでもらいました。見たことのない結び方だったので心にメモし、こういうところまでプロなのねと勉強になりました。その後は快調・・・な筈。が、面積のデカい岩を一歩で上がろうと足を伸ばしたところ、ふくらはぎが攣りました・・・号泣。攣るってこんなにも痛いものなのか~、体験したくない強烈な痛みでありました(数日痛み続行)。


山頂

そして無事山頂♪今日はいつもより嬉しい度UP!
人目もはばからず、記念に変なポーズで写真を撮りっこ。Nさんよりいつもこんな感じなのか?と突っ込みが入ってしまいました。私が答えるより先にYetiさんが何やらボソっと発しましたが、聞こえんかったぞ。誉めてくれたと思っておこう。

20070527東赤石山山頂
東赤石山山頂っす

お天気は良いのに黄砂で遠くの山並みは靄って見えます。喉元もイガってかゆいです。
お隣の八巻山,その向こうに物住頭,そして遙か向こうに西赤石山が見え、次はあそこまで縦走してみたいなあ、と新たな目標を追加。

20070527黄砂黄砂
黄砂~

20070527山頂から西赤石山方面
山頂から西赤石方面

山頂は10人程で満員電車並みの狭さです。ここでのランチは大顰蹙を買いそうなので、30分程下った場所でご飯タイム。
せっかく天然酵母パンを購入したのに欲しくなくて、カロリーメイト+ウィダーで終了。
木々の狭間から山頂が見えます。険しいなあ。

20070527昼食場から見た東赤石山頂
今登ってきた東赤石山頂


下ル

さあ下るぞ~。
山頂から下山行程の半ばまでは登りと別ルートを歩きました。殆どゴロゴロ岩の上を歩くようになります。
登りは右足首、下りは左足首、帰ったら治療に専念しよう。って言ってもおとなしくしてるのが一番なのかも。
この下りではもう一方の足首に痛みが出てしまったけど、これは最近ずっとなので自分で対処し、スーパーヘルパーのマカルーちゃん(本日は右1本使い)に頼ることで最小限に留めることに成功。

案外サクっと下れてしまいましたが、やはり1100m近く登って下りるのはそれなりにしんどいですな。
でもでも、しんどくても暑くても沢音が聞こえていると和らぎました。おそるべし沢。お水もとてもキレイで嬉しくなってしまう~。

20070527水浴びする熊
水浴びするレオニダス王(強制かい…)( ̄ー ̄)

そんなこんなで、無事駐車場に着いてホッ。

車も帰りは別ルート。途中マイントピア別子という、山間部には場違いに思える瀟洒な建物内の温泉につかって帰路につきました。

ゴールデンウィークに足首をやらかしてから3週間のブランク。ハイキング程度を1度こなしたものの、体力不足は否めず、本日はバレぬよう密かに怪しい息遣いで歩いておりました。はぁ~しんどかった~。下りまでしんどいのは久し振りでした。

今回は遅れがちだったので写真をあまり撮ってません。プロに引っ付いて行くのが精一杯でありました。要はのーてんきなワタクシ以外のお二人はお仕事なので御迷惑かけないようにしなくちゃということで、写真も遠慮気味になり申したです。
と言うわけで、御大+Nさん、お世話になりありがとうございました。また是非是非♪



Nさんとお別れ後、Yetiさんが翌日誕生日だと知って焼き肉とケーキをゴチして下さいました!ええ人や~♪
塩タン,ホルモン,生センマイ,レバーばかり食しました。久々の焼き肉は大満足満足(因みにカルビ1枚+ロース1枚も味見・・・好きくない)。
Yeti様、何から何までかたじけのうございまする。お世話になりました+ゴチです+ありがとでした!またヨロシクです。



 川もダムも水量は殆ど無し。深刻な水不足を目の当たりにしてうなってしまったです。



東赤石山(ヒガシアカイシヤマ) / 愛媛県新居浜市・四国中央市
  ・標高1706.6m
  ・三等三角点
  ・memo 四国百名山,花の百名山

コースタイム
筏津登山口8:00-9:10休憩9:15-9:35休憩(沢?水場)9:40-10:20赤石山荘10:30-西明石・筏津分岐11:13-11:30山頂11:45-12:00昼食12:22-13:20沢休憩13:28-13:38最後の休憩13:40-筏津登山口14:24

行動食 / ウィダー,ブドウ糖,薄めたアクエリ750ml,水500ml

交通費 / - 

地図 / 日本国土地理院1:25,000弟地・別子銅山

スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 登山  -  janre: スポーツ

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。