Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

屋久島 九日目 

9月11日(月)

朝らしい朝。

帰る日です。
荷物を送る手配、お世話になった方への挨拶等をすませた後、向かった先は永田。
宮之浦港からバスに揺られること30分で着。便数が少ないので1時間後にはUターンです。

数日前溺れたいなか浜。なんであんなにパニクったんだろうと笑ってしまい、過日のリベンジを誓ったのでした。いつかきっとです。

20060911-2-いなか浜バス停

ゆるりと過ごした後、バス停に向かいました。そこで知り合ったのが東京の女性。彼女も今日から屋久島だと言うので、力一杯羨ましがってみました。車内でも会話は弾み、あっという間に空港着。彼女は安房下車。よい旅を!

少し早めに空港へ到着。屋久島で起きている時に初めて体験する豪雨であります。別れを惜しんでくれているよう。
空港から見える筈の愛子岳、最終日は全容が霧に包まれていました。在島中、一目姿を確認したかったのですが叶わず、故に登頂意欲をかき立てられる山であります。

搭乗手続きを済ませ、のんびりしていたところ、なんと「欠航」のアナウンスが!
早めの手続きを済ませ、屋久島へもう一泊か鹿児島まで船で行くか。気持ちは一泊。寝場所は探せばある。しかし明日は飛ぶという保証はない。旅の最後の最後に仕事のことを考えるなんて一番避けたかったのですが、残念だけど取り敢えずここは鹿児島まで移動だと判断し、タクシーに飛び乗り宮之浦港へ。運転手さんも合点承知と飛ばしてくれたのであります。
そして16:30発の高速船トッピーで鹿児島港に着いたのが3時間後。

港に放り出され途方に暮れました。鹿児島市内の情報は皆無。あー鹿児島人に携帯番号きいとくんだった(因みに知っているのはPCアドレス)と後悔しきりであります。

突っ立っていても埒があかないので情報収集のためタクシーに近づきました。運転手さんに空港へのアクセス方法を聞くと、結構距離があることが判明。因みにタクシーで8000円!
明日朝一のバスの時間,手持ち残金,寝場所,運転手さんのアドバイス等を総合判断、プラス気の毒がった運転手さんが○円ちょうどでいいよと大幅ディスカウント♪して下さったため、空港方面へ向かうことに。

道中は芋焼酎の話、鹿児島の蔵元事情、日本酒の話などに花が咲き、あっという間に国分着。入ってからは安いホテルを探して下さったり(値下げ交渉までして下さった)、コンビニにまで連れて行ってくれたりと、大出血サービス。なんだか申し訳なくなってしまいました。
(岡山にもこんな素晴らしい運転手さん居るかな?居てくれるといいなぁ。)
伊東さん、どうもありがとうございました!助かりました!

無事チェックイン後、泥のように眠ったのでありますzzz

スポンサーサイト

category: 旅+温泉+讃岐うどん

thread: 一人旅  -  janre: 旅行

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。