Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

梶ヶ森@1399.6m 

梶ヶ森の梶は加持祈祷のカジで、加持ヶ峰とも、仏岳山とも呼ばれる霊山のようです。


前回の梶ヶ森 2008年4月 



2014.4.15(火)

本日は豊永駅から登って隣の大田口駅へ下山するコースです。
それぞれの駅の標高が200mほどなので、1200m登って下りることになるもよう・・・なかなかしんどそうであります。

20140415梶ヶ森01


車は前日、町に電話して教えていただいた場所に駐車(大田口駅近く)し、そこで準備しながらの朝食。
大田口駅から豊永駅まで土讃線の電車で移動(一人210円)です。切符は駅前の商店で購入するシステムでした。
電車に乗りのどかやな~と思ったのも束の間4分程で隣の豊永駅に到着しました。
ロッジのような駅を出て、橋を渡り、登山口の標識から入山。



20140415梶ヶ森02



20140415梶ヶ森03



山里を歩き、森に入ると斜度が案外しんどい・・・
そんな中、オオルリに遭遇しました。番いを二組。初オオルリを見られてとても嬉しかった~♪
しばらくすると視界が開け、佐賀山の集落にでます。

のどかな棚田とヤマザクラ、ミツバツツジを眺めながら、集落のアスファルト道をしばらく道なりに歩きます。存外長かったアスファルト道。

「←梶ヶ森」の立て札からまた山へ入り、車道から山中、山から車道と、これを二度繰り返します。山中ではたくさんのミツマタに迎えられ、沢も何度か渡り、紅葉川の吊り橋を渡り、木漏れ日を浴び、休憩をとりながら進むと龍王の滝が見えました。

登山道から何メートルか下って龍王の滝で休憩。滝見台は壊れて使用不可。前回はこの上の駐車場が登り始めでした。



20140415梶ヶ森04



20140415梶ヶ森05



龍王の滝以降も気持ちの良い木漏れ日の中を登り、定福寺奥の院を経て、真名井の滝へ。
その滝へ着いて思い出しました。ここから激しい急登やった・・・。
ザ・修験の山という感じです。



20140415梶ヶ森06



20140415梶ヶ森07



四阿のある場所がシャクナゲの森、花の季節に訪れたらさぞ綺麗だろうなぁ。
よりどりみどりの標識から「天狗の鼻へ」の標柱を選択して右手へ進みます。急登に辟易、ここの木段は苦手ぢゃ、大山夏山登山道よりはましかな?、こんな所にトイレがある!などと思いながら、天狗の鼻の手前に到着。
かなり空腹だったので下方のキャンプ場で昼食をとります。そのキャンプ場にはバイオトイレが設置されていました。



20140415梶ヶ森08



20140415梶ヶ森09



昼食後、もうひと踏ん張り、続きの木段を山頂まで1399段登ります。どこから始まっていたのかは分からなかったけれど、今回気付いたのは800段。
総数は標高に合わせた段数1399段のもよう。

ずっぽり崩落していた1002段目に気をつけながら、梶ヶ森山頂着。
やっと人間に遭遇しました。車で上がってこられた一組のご夫婦です。



20140415梶ヶ森10



20140415梶ヶ森11



アンテナ群の印象が濃い山頂を後に、大田口コースを下山。このコースは初です。
急降下が続くので慎重に。雨天ぢゃなくてよかった。明るく視界が開けた場所はブナの森で、下草はバイケイソウの群落でした。これまたお花の時期を想像するとわくわくする素敵な場所です。
ブナの白とバイケイソウの緑に陽が当たり、つい休んでお昼寝したくなる雰囲気を醸しています。



20140415梶ヶ森12



沢を下方に見ながらずんずん下り、林道を横切って森へ入り、森から山里に出た後も順調だったのですが、どこかで違ったのか途中犬に吠えられ、目標の一つ隣の登山口へ下山しました。
何気に下を向くと自分の社会の窓は全開・・・いつから?



20140415梶ヶ森13
本当はここへ下りるはずだった



キャンプ場も立派だし、オオルリも見られるし、滝の落水もダイナミックだし、花の種類も多いし、いいコースです。
それでも本日、貸切でした。
シャクナゲやバイケイソウの季節にはにぎわうのかしらん?

ほんまに気持ちのよい絶好の登山日和。
相方、今日は本当に疲れたなぁ。お疲れ様でした。



梶ヶ森(カジガモリ) / 高知県長岡郡大豊町
   ・標高1399.6m
   ・一等三角点
   ・四国百名山,県立梶ヶ森自然公園

2014.4.14
大歩危温泉(サンリバー大歩危)泊(素泊まり)

2014.4.15
サンリバー大歩危~コンビニ~大田口の駐車場(朝食)~大田口駅

大田口駅8:15発=(電車)=豊永駅8:19着

コースタイム
豊永駅8:30-登山口8:34-佐賀山集落9:22-林道9:40-(休憩5分)-林道10:13-鉄橋11:00-(休憩5分)-11:38龍王の滝11:48-12:07定福寺奥之院12:10-12:22真名井の滝12:24-シャクナゲの森12:34-天狗の鼻12:56-12:59キャンプ場(昼食)13:22-13:40梶ヶ森山頂13:46-大田口分岐13:47-たくさんのギボウシ14:06-15:14林道(休憩)15:20-集落15:28-16:20登山口

行動食 / ウィダー、薄めたアクエリ500ml、ポカリ500ml、水200ml

交通費 / 高速代(往路:岡山-大豊、復路:井川池田-岡山)、ガソリン代、電車代(@210)

地図 / 日本国土地理院1:25,000東土居

スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 山登り  -  janre: 趣味・実用

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。