Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

伯耆大山(弥山1709m) 

ラビット先生が毎年登る事を目標にされている雪の大山へ、ゆきんこ隊からお声をかけていただき、久々にご一緒させていただきました。
ラビット先生は82歳、岡大山岳部で香川先生の先輩、相方の大先輩です。
ゆきんこ隊はラビット先生が所属しているみつがしわ山の会の方々で結成している積雪期中央分水嶺歩き隊です。
錚々たる大ベテランの皆さまに、一人ひよっこの自分ですが、がんばりまっす。
自分の足がちょっと心許ないけど・・・

今回は昔のコンデジ撮



2014.4.1 火 

車両2台に9名乗り合わせて大山へ。
駐車場は空いていました。平日やし・・・
身支度を整え、いざ出陣。



20140401大山05
夕方の大山(ふなちゃんオススメポイントから)





オーダー:ふなちゃん、ラビット先生、香川先生、順さん、角さん、きくりん、鶴ちゃん、自分、相方




ふなちゃんを先頭に正規の登山道より斜度のあるところをラビット先生のスピードに合わせて進みます。
お天気がよくて登っていると暑いくらいです。雪は少なめ。春山やなぁ。

ラビット先生のスピードが遅れ気味になったところで、すかさずきくりんが「もう30分以上歩いてるから休憩にしよう」と進言、さすがきくりん、影のリーダーであります。
香川先生がラビット先生のザックを引き受けてくれました。



20140401大山01
相方スマホ撮



20140401大山03



五合目で大休止、六合目、七合目と休憩をはさみながら、確実に一歩一歩進み、山頂に到着。
いや~すごいですラビット先生。



20140401大山02
もう少しで六合目 相方スマホ撮



20140401大山04
山頂まであと少し



20140401大山06
山頂を堪能中のラビット先生(手前)



20140401大山07
山頂から剣ヶ峰



皆で記念撮影をして山頂小屋で昼食。
山頂小屋の入口が凍っていて、この日一番のスリルを味わいました。

小屋から出てアイゼン装着後、太陽と陽気に誘われ、皆さんラビット先生のことを忘れてわらわら~っと雪上を下っていかれます。なので着かず離れず後ろをついて行くことにしました。



20140401大山08
ラビット先生の鉄の蜘蛛



20140401大山09
香川先生の鉄の蜘蛛、靴も50年もののタカハシ



20140401大山10
わらわら(全員写っている・・・筈)



途中、ところどころ雪がなくて歩きにくいったらなかった・・・

そのせいなのかどうか、ラビット先生がどうにも足に違和感があるということで、相方・フナちゃん(重し係)・ラビット先生が連結尻セードで下りることになり、ついでにラビット先生のお尻にはビニールが装着され、腰には確保ロープ二本も装着され、それを左右で香川先生と角さんが手綱の如く握って男性陣出発。
見ているとあっと言う間に下りて行きます。ええなぁ。

下山後に聞いた話では、お尻に敷いたビニールが滑り過ぎ、それに雪の状態が輪をかけて、かなりスピードが出るのをコントロールするのに相方は苦労したらしい。
途中でそのスピードに引きずられて香川先生がこけて、サヨナラ~っと遥か下方まで転んだまま一人旅したそう・・・ぜひ見たかった。



20140401大山11
六合目から見た三鈷峰と甲ヶ山、どちらも山頂は真っ黒



20140401大山12
尻セード隊



尻セードするとパンツのお尻部分がすれて、お財布に痛みが生じかねないので、消費税も今日から8%に上がったことですし、女性四人はザクザクと足で下る事にしました。
順さんは雪山が不慣れなので、僭越ながら足の運び方など、こうするといいですよ~と一緒に下ってみました。
登山道を外れているので2.5合目まで雪上を下れハッピ~。

二合目あたりの登山道木道脇でアイゼンを外します。
ここからはのんびりと下り。尻セードで休めたのが良かったのかラビット先生の足取りも快調です。皆さんの老人ネタのブラックジョークをそれ笑えんやろと密かに思いながら聞きながら、無事下山口着。

全員無事でめでたしめでたし。

駐車場に着くと、ポシェットを頂上小屋に忘れたかもしれないと二合目で気になり始めそわそわしながら先に下山したきくりんと鶴ちゃんが、珈琲をふるまって下さり、下山後30分以内にお腹に入れるといいからとヨーグルトまで準備してくださって、もう至れり尽くせりで幸せ~でした。
あ、心配されたポシェットは無事車中にあっということで、きくりんは勿論、全員で胸をなでおろしました。

自分の足は思いのほか軽く、プラ靴とアイゼンで雪を楽しみました。

皆さん、お疲れさまでした。とっても楽しかったです。



メンバー:ラビット先生,ふなちゃん,角さん,香川先生,順さん,きくりん,鶴ちゃん,相方,自分



伯耆大山(ホウキダイセン) / 鳥取県大山町等
 ・弥山-標高1709m
 ・弥山-三等三角点(標高1709.43m)
 ・隠岐大山国立公園、日本百名山、日本百景

コースタイム
夏山登山口8:36-10:10五合目10:20-10:52六合目10:57-11:14七合目11:19-八合目-12:15弥山山頂12:29-12:30山頂小屋(昼食)13:06-13:54六合目14:05-5.5合目(ラビット先生三連結シリセード)2.5合目-二合目(アイゼン外し)-16:30夏山登山口

行動食 / 薄めたアクエリ塩入800ml,水250ml,塩アメ3ヶ,キャラメル2ヶ,ウィダー半分

頂き物行動食 / 順さん、きくりん、鶴ちゃん、香川先生、とてもたくさんごちそうさま&ありがとうございました
オレンジ、バナナ、あんぱん、チョコ、パイナップル、蕨のお浸し、ポンカン、おいなりさん、トマト、珈琲、ヨーグルト、大山PAではジュースにロールケーキ

交通費 / ガソリン、高速代とで1人3000円

地図 / 国土地理院25,000分の1伯耆大山(松江)


スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 山登り  -  janre: 趣味・実用

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。