Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

六甲山最高峰931.3m@芦屋川~有馬温泉コース 

初六甲山、気持ちはワクワク、足はガタガタで縦走してきました。




2014.3.27 木

自宅を6時過ぎに出発して、8時半に有馬温泉ロープウェー駐車場に到着。9時営業開始なので30分待つ覚悟でしたが、駐車場の担当の方が車まで来て下さり、駐車してもよいということで一日分600円の駐車料金を支払い、ついでにタクシー会社の電話番号を教えていただきました。
個人山行ならばタクシー利用などとんでもないのですが、今回は下見のため、躊躇なくいたしかたなく利用しました。

有馬温泉から芦屋川駅までは途中高速を使ってだいたい車で30分~40分くらいだったと思います。


芦屋川駅~高座の滝

900mの登りが待っています。がんばります。



20140327六甲山01


住宅街を歩くので素敵なお宅が拝見でき、その点は楽しいのです。
でもでも、坂がしんどくてですね
平日にもかかわらず登山者が多くてですね
何も考えず元気なちびっこ達について行ったら、道を間違いやがって・・・お間違いあそばされてですね
高座の滝までは準備運動のつもりが、いきなり急登って感じで、この辺りの方々にとっては日常なのだと思うと感服しきりです。
少し多めに準備運動をしながら高座の滝に到着。



20140327六甲山14
住宅街序盤の登り



ここにはトイレがあり、お茶屋(滝乃茶屋、大谷茶屋)がありました。自販機もありました。
景気づけに腰に手をあてぐびぐびっとリアルゴールドを一本流し込みました。ちなみに料金は下界と一緒。
相方はここで用足し・・・長い・・・。



20140327六甲山02
 ックガーデン・・・ロの字が見えん・・・



ロックガーデン~風吹岩

ロックガーデンの門をくぐり、高座の滝を見て、赤い鳥居に御挨拶後、岩岩っとした坂を登っていきます。
既に住宅街の坂にやっつけられ気味でしたが、いやらしいほど追い打ちをかけられます。
運動不足の身体にめちゃめちゃこたえます。
岩登り、岩稜歩きなので、その点は良いのですが、なんせ急であります。地形図どおりやな・・・シビアな登りはもう少し続きます。
目標の風吹岩までが永遠に感じられてしまった。



20140327六甲山03
急登始まり



20140327六甲山04
見晴らし最高、曇ってる・・・



20140327六甲山05
風吹岩



最近、よく身体が攣ります。昨年の三瓶山以後、足はもちろん、右腹部までもが攣るのであります。
攣るとすごく痛いということを覚えたので、できるだけ水分を摂取、塩分も摂取、アクエリも摂取、ついでにMちゃんにいただいた68も摂取、しかも2袋摂取して臨んだ六甲山でしたが、攣りました・・・涙
左右脹脛、左右脛、右大腿前部の5箇所。

肺炎ペースにはなったものの、ときどき立ち止まり、攣りを軽減するべく軽くマッサージをしてなんとか歩けています。
ちなみに、攣った箇所をピンポイントで押すと緩和するどころか攣りが倍増するということをこの日覚えました。
も一つちなみに、肺炎ペースとは、寒くて肺炎になりそうなぐらい歩くのがゆっくり過ぎるペースという・・・主に口にするのは相方です。


20140327六甲山06
扉は閉めましょう



雨ヶ峠

雨ヶ峠では昼食されている方がたくさん。自分たちはもう少しお預け。本庄橋跡に寄り、雰囲気の良さそうな……いや、よくもなかった場所で栄養補給(パワーバー)と水分補給。
霧が濃くなり、めちゃめちゃ寒いです。肺炎ペースのせいぢゃなく、です。



20140327六甲山07
雨ヶ峠



20140327六甲山08
本庄橋跡



六甲山最高峰

栄養補給後、ひと踏ん張りで魚屋道(ととやみち)の標柱発見、その左側の建物が一軒茶屋でした。中は大盛況。入口前で、相方は知り合いの方に声をかけられていました。

自分たちは先に最高峰へ、地形図どおり車道をいきます。しばらく進むと階段と標柱が登場。
えっちら登り切り、左折すると鉄塔の先が最高峰でありました。誰もおらん・・・
広場という感じの山頂には標柱と一等三角点が設置されていました。霧でなんも見えんため、とっとと近道を通って茶屋前の車道へ出て、外でトイレを済ませて、一軒茶屋で遅い昼食です。
さっきまでとは違って中はすいていました。
相方は卵丼600円、自分はきつねうどん480円をいただきました。



20140327六甲山09
最高峰へ



20140327六甲山10
最高峰、奥が一等三角点



20140327六甲山11
ちょっと下った場所からの見晴らし



ととやみち~有馬温泉

腹ごしらえもそこそこに、トイレ向こうに続く魚屋道から下山開始。
下りはめちゃめちゃスムーズ、時々攣ろうとはするものの、気力で押えこんで1時間で下りきりました。やれば出来る。
それにしてもあっという間に下りてしまった。



20140327六甲山12
ととやみち



20140327六甲山13
下山口



駐車場から車を出して、初の有馬温泉は、かんぽの宿の金泉に入りました。洗い場が畳敷でなんとも不思議な、それでいて足に優しい温泉でした。お湯からあがったら、汗が止まらんかった。

昼食を茶屋で摂るなど、大名山行かと自らに突っ込みたくなりましたが、うどんの出汁が身体中を駆け巡り、冷えた身体を温めてくれたので○

お花は、マルバスミレ、アセビ、ミヤマツツジ、ツバキに会えました。特にアセビは満開で美しかったです。

久々に二人だけで山行、爆笑珍道中でありました。

相方、お疲れ様~。



携帯 / 道中、ほとんどの場所で通じませんでした。3本立ってても。

水場 / 高座の滝に売店・自販機あり(トイレあり)、一軒茶屋に自販機あり(トイレあり)



六甲山最高峰(ロッコウサンサイコウホウ) / 兵庫県神戸市、芦屋市、西宮市、宝塚市
  ・標高931.3m
  ・一等三角点
  ・瀬戸内海国立公園

自宅6:15出発-山陽IC=西宮北IC-8:30有馬温泉ロープウェーP-タクシー-芦屋川駅北側

コースタイム 計4時間16分
阪急芦屋川駅9:40-10:00高座の滝(WC休憩)10:20-風吹岩11:10-(休憩5分)-雨ヶ峠12:06-本庄橋跡12:23-(休憩15分)-13:21一軒茶屋13:25-13:38六甲山最高峰13:43-13:48一軒茶屋(昼食)14:12-(魚屋道(ととやみち)4km)-(休憩3分)-15:12登山口(有馬温泉)
登山口からロープウェーPは5分位歩いたでしょうか。

行動食 / 薄めたアクエリ300ml,アクエリアス300ml,水500ml,塩飴3ヶ,パワーバー2本,栄養ドリンク1本,缶珈琲半分

昼食 / 相方:卵丼(600円)、自分:きつねうどん(480円)

交通費 / 高速代、ガソリン代、タクシー代(含.高速代800円)、駐車場代一日@600円

お風呂代 / かんぽの宿金泉 @700円

スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 山登り  -  janre: 趣味・実用

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。