Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

富栄山:撤退@こまくさ 

おニューのストックと登山靴でがんばってきました。
ちなみに2011.4.14時の富栄山より雪はかなり少なかったです。
登山口までの道路脇にはかわいいフキノトウも♪

※今回はデジカメ撮



2013.3.17 日 

3月の例会は富栄山。
いや~お山のコンディション悪かったです(残雪多しという訳ではなかったのですが)

20130317富栄山@こまくさ2

20130317富栄山@こまくさ3


2年前の4月14日に登った時の復習をしてから臨みましたが、ズルズル滑るヶ所が多々、大空山との分岐手前の坂の状態がひどかったようで、登ってしまうとそこを下るのが至難の業になるとの判断で、ここで撤退したそうです。

したそうです、というのも、自分と相方は最後尾のSさんを5人でサポートしていたので、大空山分岐よりももっと手前、「分岐まで50分」の標識までで断念したのであります。
Sさんは頑張ったのでありますが、本日はここまでと相成りました。

この標識でお昼休憩。
上方から「君たちより少し上で撤退するのが7名いて、そこまで下るから、合流してから下山して」と連絡あり。

たぶん、その7名より上に8名、その上の分岐直前には先頭までに残り7名と、少人数のグループに分かれていたようです。


20130317富栄山@こまくさ4


直前の7名中5名下りてきたので相方先頭、自分がラストで下っていきましたが、太いロープの場所の坂を下るのに一苦労、サポートする側もされる側もすってんころりんおむすび山状態で、すっころびまくってます。
無事通過できたものの、次の急下降でSさんの足がつってしまい、少々お休みすることに。
3人交代で足を揉み、チタンテープを張って様子見。


20130317富栄山@こまくさ5


そこを1グループ、また1グループと追いつき、抜いていかれ、またもや我らグループは殿りであります。

登り以上に下りの積雪箇所が大変で、恐がりのSさんが安心できるよう、相方はステップを切りまくり、Sさんの前(Fさん)後(自分)のサポートが声で足の置場を指示し、手とストックで誘導・・・ここを越えるだけでワタクシ、汗びっしょり、喉からから、無事乗り越えた時は大きな息を一つついてしまいました。

ともあれ、皆さん、よく転んだようですが怪我もせず、無事下山できたことが今日はなにより。

皆さん、本当にお疲れ様でした。

それにしても、侮るなかれ富栄山。

*28人(内視覚障がい者8人)*



富栄山(フエイザン) / 岡山県苫田郡鏡野町
  ・標高1205m
  ・四等三角点

コースタイム 

岡山駅西口貸切バス出発7:30

のとろ温泉駐車場10:11-富栄山登山口10:35-丸太橋-12:45富栄山・大空山分岐まであと50分地点(昼食)13:20-縄ロープ急坂-(Sさん足がつり休憩)-丸太橋-富栄山登山口15:13-のとろ原温泉駐車場15:30
(※富栄山登山口に駐車場有)

行動食 / ポカリ50ml,飴1ヶ

参加費 / 3500円

地図 / 日本国土地理院1:25,000富西谷(高梁)

memo / 今回の山行は考えさせられることが沢山ありました。

 
スポンサーサイト

category: 山歩き

thread: 登山・ハイキング  -  janre: 旅行

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。