Admin New entry Up load All archives

スタミナ通信

嬉嬉とし、のんびり、まったり、ぐったり?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

DAY 2 : Dhaulagiri Circuit:2012.10.18-11.6 

2012.10.19 金

INCHEON → KATHMANDU (カトマンヅ:ネパール)

5:00モーニング・コール 相方は6:00起床
Hotelロビー6:30集合。部屋代をcardで支払いました(我ら二人は個人手配)。
予約したタクシー2台に分乗して空港まで。タクシー代をAさんが出して下さいました。ありがとうございました♪
INCHEON空港19Gate、8:00までフリータイム。前回も利用したCafeでドーナツ+珈琲(KRW14000)

フライト8:40INCHEON発 → KATHMANDU着12:25 時差3時間15分
機内食 おやつ:オレンジジュース+ピーナツ Lunch:チキン+豆腐+アイスクリーム おやつ:ピザ+オレンジジュース
上空旋回で少し遅れてKATMANDUに到着♪

入国も我ら二人は個人で。
書類を記入しVISA用の列に並びます。VISA$40(1人)。VISA無しの私たちの方がK隊よりかなり早く入国完了。
バゲッジクレームではなっかなか荷物が出てこず少々時間がかかりました。
ところで、ネパリ職員たち、以前のときよりは少し真面目に仕事をこなしてました。
荷物と№チェックが厳しく、殆どの人が機械チェックまでされていました。私たちは簡単にパス、日本人って分かるんかな?
ちなみにこのチェック、以前はありませんでした。


2012nepal_2-01
TRIBHUVAN(トリブバン)空港 出待ちの方々
 
空港を出るとバイラジャ発見!お迎えありがとう!お久しぶり!
K隊のサーダー:カイラさんと初対面、よろしくお願いします。
ところが、K隊の皆さんがなかなか出てこず、外で1時間30分待ち。途中相方さんが助っ人に行きました。
Aさんの荷物1つが一時ロスト状態だったらしいです。届いて良かったですね。

エージェントが違うため、それぞれのお迎え車でそれぞれのHotelへ向かいます。我らは支払いのため、一路エージェントまで・・・生贄気味な私たち♪?
ラムさん(エージェントの社長)お迎えありがとうです。
早速、両替¥100,000→Rs103,400(ルピー) エージェントへの支払い(含.国内飛行機代、サーダー日当、Radisson Hotel代)はcardで。
我らのサーダー:クマールさんと対面 なかなか良さそうな方で相方さん安心した模様。

そのクマールさん、ノルブさん、バイラジャと5人でトレッキング後半の食料をスーパーへ買い出しに。前回バイラジャと一緒に行ったスーパーでした。
駐車場も店内も、ダサイン中ですごい人人人。チョーメン、缶詰などなど山行中の食料等を購入Rs8055支払う。

クマールさん、ノルブさんは会社で下車。我らはHotelへ、5年振りのRadisson、今回はRoom412。Hotel受付はバイラジャがしてくれました。ウェルカムドリンクごちそうさま。いつも美味しいです。


2012nepal_2-03
Radisson Hotel (ホテル手前左側に新たな建物、Radisson別館?)


荷物を部屋へ入れた後、3人でタメルへGO。タクシー代Rs100。
いつもの登山用品店でトレッキング用ダッフルバッグ2つ購入。Rs2000(一つ約1000円)、Rs400ディスカウントしてくれました。ありがとう。どうせならとネパール製にしてみました。(因みに、前回使用した物は遠征途中でファスナー部分から破けてしまったのです・・・)

そして、結構早い夕飯はバイラジャおすすめのネパール料理店へ。家族で時々利用するらしい。
3人共ダルバート、あとはモモほか色々 計Rs1520 安いなぁ。
バイラジャの話では今日はダサイン4日目で、次の日曜日が最大ということでした。


2012nepal_2-02
Himali Kitchen


2012nepal_2-04
皆でつついたモモとお肉類


2012nepal_2-05
ダルバート


Hotelフロントでお別れ。明朝お迎えよろしく~
19:00Room着も、すぐさま外出。二人でブルーバード改めビッグマートで水、チョコレート、その他購入、Rs275
。でやっとお部屋へ。
明日からの荷造りをやっつけ、相方はデスクワーク(お疲れ様)  自分はシャワー後Diaryつけて22:00先におやすみ~。



今回、我らの隊のサーダーを決める際、バイラジャでええやんということにしていたのですが、エージェント曰く「標高が高いため経験のあるサーダーやないとあかんで」と、そこでお勧めされたのがクマールさん(この時点ではクマール「さん」なんて言っとるが、すぐにクマールと呼び捨てやった自分ら)

スポンサーサイト

category: ・2012 NEPAL

thread: 登山  -  janre: スポーツ

CM: -- TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。